企業法務は必要?

企業の中には「企業法務を設置した方が良いのかな」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。
実際に企業法務は、直接的な利益を生みだす営業とは違い、サポートの仕事がメインとなります。
しかし、法律的な対応が必要になった時、どうしても営業だけでは対応できないことが多いです。
そういった時こそ、法務部が活躍することになります。

中には総務や経理などの補助部門の重要性を認めていない企業もありますが、企業にとっては欠かせない存在です。
法務部を設置している企業はまだまだ少ないですが、それでもこの部門は必要になってきます。
日本には中小企業が大半を占めるという社会構造があるので、法務は総務が兼任していることが多いです。
しかし、それだけだと対応しきれないということが発生します。

このサイトでは、そういった企業法務は設置すべきかどうかについて説明します。
それぞれ疑問を投げかける形で説明するので、実際に必要性を認める時の参考にしてみてください。
必要ないと思っている企業でも、実際にトラブルが発生してからだと遅いことがあるので、事前に判断しておくことが必要となります。

もちろん個人経営の様な店の場合は、法律に関するトラブルになることも少ないので、基本的には設置していない所が多いです。
しかし、会社形態として行っている企業の場合は、様々な法律に影響されることもあります。
そういったときに、しっかりと対応できるようになっておくことが必要なのです。